読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MoChiwakiブログ

若手女性エンジニアがゆる~く書く備忘録ブログ

Dto Dao Servlet jsp DB

今日は検索機能をやっと付けられました。

 

ちょっと前までは

DBに入れたものをどうやって持ってきて、

どうやって検索して、とかわからなかったのですが、

最近は少しずつ、なんとなーくわかるようになってきました。

 

jspはHTMLのように画面を表示する。

そこに検索ボタンとかあれば、そのボタンを押したらServletに飛びます。

jsp「私は画面表示してるだけですから。まーたまにはJavaっぽく動かしてもいいっすよ?」

jsp「(ボタン押された)あ、ぼく見た目だけなんで、そこからはServletさーん、呼んでますよー」

 

ではServletさん。

この人はDaoさんのメソッドを使って動作を指示したり、動かしたりする。

Servlet「あーこのボタン押されたんならDaoさんのあのメソッド使えるなー。ちょっと手伝ってもらうかー。」

 

ではDaoさん。

この人はいろんなメソッドを持ってて、DBから値とか持ってきてくれるメソッドは使えますねー。

Dao「あ!あのメソッドですね!それはDBさん持ってるんで聞いてきますわ!」

 

ではDBさん。

DBさんはたくさんのものを持っててくれます。

DB「あーどれかなーーー。あ!あったー。はーいどぞ。Dtoさんに渡しときますからー」

 

ではDtoさん。

この人はDBさんからもらったものをたくさんはもてないけど一時的に持っててくれます。

Dto「これとりあえず持ってればいいんすよね?」

 

Dao「Dtoさん、あれもらってたらちょうだい。」

Dto「あ、さっきこれ持っててって言われたんですね。いいですよ。」

Dao「あ、ありがと。Servletさん、これですよね?」

Servlet「これこれ!じゃjspさんにわたして表示してもらうか!」

jsp「おkっす。じゃこれ表示しまーす。」

 

 

的な?笑

一人でやってるのかと思いきや、いろんなものが一つのものを作っているってことですね。